ISO

  • HOME
  • ISO統合方針

基本理念

私たちは、生態系の保護、汚染の防止、変化する外部環境と業務能力への対応、お客様や全従業員情報のセキュリティに関するインシデントの防止を図ることにより、お客様や利害関係者の信頼確保及び事業損失を最小限に留めることに努めます。

基本指針

1.
企画力・技術力・競争力の強化による確実な品質確保で、顧客満足度の向上を目指します。
2.
気候変動の緩和及び持続可能な資源の利用のため省資源・省エネルギーを推進します。
3.
生物多様性を維持するため、グリーン購入及び3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進し、地域環境保護に努めます。
4.
個人情報を含む、適用範囲の全ての情報資産を脅威(漏洩、不正アクセス、改ざん、紛失・破損)から保護するための情報セキュリティマネジメントシステムを確立、導入、運用、監視、見直し、維持及び改善します。
5.
当社に適用される品質・環境・情報セキュリティに関連する法令や条例などの法規制及び契約上の要求事項、社内基準を順守して事業に伴う社会的悪影響をなくします。
6.
各マネジメントシステムの教育・訓練を適用範囲全ての従業者に積極的に推進し、有効性も評価します。
7.
必要に応じて、コンプライアンス及び事業上及び環境側面で決定した緊急事態、情報セキュリティインシデントへの対応についての関連する情報及び教育訓練を、当社のために働く人々を含む関連する利害関係者に提供します。
8.
統合方針は、当社のために働く全ての人々に周知徹底すると共に、社外に積極的に公開し、良好なコミュニケーションを確保します。
9.
各マネジメントシステムの見直しは、内外の環境変化に合わせるため定期的に実施します。

2020年06月26日
テスコ株式会社
代表取締役会長兼社長 髙橋 久治

PAGE TOPへ